県民性で知る性格と愛とセックス

ラーメンに見る県民性~北海道・東京

あなたはラーメンは好きですか?今やラーメンは日本の国民食となっています。もともとは「中華そば」と呼ばれていたことから、中華料理がベースとなっていましたが、日本国内でさまざまな形にアレンジされ、独自のものへと進化を遂げています。
そんな日本のラーメンは海外でも人気を集めるようになり、人気チェーンがアジアをはじめとして、世界中に支店を出すのも当たり前となっています。

このように、日本代表とするグルメになったラーメンですが、それぞれの地域によってまったく異なっています。関東近郊エリアでは醤油ベースのものが一般的ですが、九州へ行けば豚骨スープのものがラーメンのスタンダードとなります。
そこで、ここではそれぞれの地域で愛されているラーメンから県民性を考えてみたいと思います。

どうして北海道にはこんなに多くの種類のラーメンがある?

まずは北海道からチェックしてみましょう。
北海道と一口に言っても、とても広いこともありさまざまなラーメンが存在しています。札幌近郊のエリアだけでも、味噌ラーメンや塩ラーメン、鶏ガラ系の醤油、さらには魚介系のラーメンも少なくありません。

では、どうして北海道にはこんなにも多くの種類のラーメンが存在しているのでしょうか?
その理由として挙げられるのが、トッピングの豊富さです。北海道は、野菜や魚介類などの食材がとても豊富なエリアです。これを活かして、さまざまなラーメン店が豊富なトッピングを用意しているのです。むしろ、上に乗せるトッピングが売りとなっているお店も少なくないほどです。
そこで、魚介類や野菜など、さまざまなトッピングに合わせるためにラーメンのスープや面の種類もどんどん豊富になっていったのでしょう。

ここから見える県民性は…と言えば、やはりへんなこだわりを持つのではなく、素材の良さをしっかと活かしたい…そんな柔軟な姿勢が見えてきます。

ラーメン二郎から東京都の都民性が見えてくる?

続いては日本の中心である東京都をチェックしてみましょう。
昔から東京には「名店」と呼ばれるラーメン店がいくつも存在しています。また、近年では日本全国のさまざまなラーメンを食べることができるようになっています。
そんな中でも、東京を代表するラーメンとして近年もっともよく知られているのが「ラーメン二郎」でしょう。

ボリューム満点なラーメンはもちろんのことですが、よくラーメン二郎について語られる時に話題になるのが、さまざまな「ルール」です。
お店によっては、そのルールを守らなければ店主に怒られてしまうこともある…と言われるほどです。

人によっては、食事をするのにそんなに緊張感のあるお店に行きたくない…そう考えてしまうかもしれません。ですが、それに反して「ラーメン二郎」は大人気店で、毎日行列ができているほどです。 では、どうしてこんなに東京都民はラーメン二郎が好きなのでしょう?

味に関しては好みですので、都民性とは関係ありません。それよりも、ルールに惹かれている方が多いのではないでしょうか?
東京都民は他エリアの方と比較すると、きっちりとしたルールや規律を重要視する傾向にあると言われています。なので、しっかりとしたルールの中で食事をとることのできるラーメン二郎を好ましく感じるのかもしれません。

このように、それぞれの地域で人気のラーメンを見るだけでも、県民性が見えてくるものです。あなたの地域のご当地ラーメンも見方を変えると、県民性が見えてくるかもしれません。