県民性で知る性格と愛とセックス

ラーメンに見る県民性~東北・九州

ラーメンほどに、その地域の特色がはっきりと出てくるメニューはあまりないでしょう。なので、旅行や出張などで他の都道府県へ行き、ラーメン屋に入って驚いてしまった…なんて方もいらっしゃるでしょう。
地域によってこれだけ違っているのですから、そこを詳しくチェックしてみると県民性が見えてくるのではないでしょうか?

それでは、各地のラーメン事情と県民性についてチェックしてみましょう。

隠れたラーメン王国・新潟の多彩な個性派ラーメン

あなたはラーメン王国と言えばどこをイメージするでしょうか?多くの方が多彩なラーメンを楽しめる北海道や、豚骨ラーメンで有名な福岡を思い浮かべるかもしれません。
ですが、近年ラーメンマニアの間で、もっとも高い注目を集めているエリアの一つが、新潟なのです。

新潟にはいくつもの個性的なラーメンがあることで知られています。どこも鶏ガラ醤油系がベースとなっているのですが、そこにしょうがを大量に加えた、「長岡しょうがラーメン」や、大量の背油をトッピングするいわゆる「ちゃっちゃ系ラーメン」など、県内でもそれぞれの地域でさまざまなラーメンが根付いています。

単に種類が多いだけでなく、それぞれのラーメンとしてのクオリティも非常に高いことから、近年ではテレビや雑誌などのマスコミでも取り上げられることが多くなってきました。

こういった点から見られる新潟エリアの県民性はどういったものなのでしょうか?

それぞれの地域のラーメンが、非常に高いクオリティで知られていることから、やはり研究熱心な一面が見られます。特に「長岡しょうがラーメン」などに見られる、しょうがというトッピングは他県ではほとんど見られません。ですが、決して奇をてらっているわけではなく、見事に深い味わいの鶏ガラ醤油スープとマッチしているのです。

そして、同じ県内でも、それぞれのエリアで違ったラーメンが人気を集めているという点から、周囲に流されるのではなく、独自の道を歩む傾向にあるのかもしれません。

豚骨ラーメンの故郷・福岡の県民性は?

続いては豚骨ラーメン発祥の地として知られている福岡です。 福岡といえば、やはり豚骨ラーメンでしょう。特に、久留米エリアの濃厚な豚骨ラーメンは他都道府県ではとても味わうことができません。

豚骨ラーメンの味については、今日ではほとんどの方がご存じでしょう。なのでいまさら説明をする必要はないでしょう。
ここで注目したいのは「屋台文化」です。特に博多エリアでのラーメンを食べる場所として屋台が一般的なものとなっています。繁華街である中州エリアを中心に、とても多くの屋台が毎日立ち並んでいます。

こういった屋台ならではの魅力と言えば、気軽に入ることができるという点でしょう。素早く店に入り、すぐに食べることができる…それが福岡県民にとっては重要なのです。
ラーメン屋に限らず、福岡では飲食店に行列を作るということはあまりありません。食事のために待たない…これが福岡の県民性かもしれません。

このように、ラーメンからもさまざまな県民性が見えてきます。あなたも、普段食べているラーメンから、県民性について考えてみてはいかがでしょうか?すると、いつも食べている定番のラーメンが少し違って見えるかもしれません。