県民性で知る性格と愛とセックス

スポーツの応援に見る県民性

あなたはスポーツは好きでしょうか?自分でスポーツをするのは苦手でも、観戦は好き…という方も多いのではないでしょうか?
日本全国には、さまざまなスポーツのプロチームがありますので、あなたにもひいきにしているチームがあるのではないでしょうか?

同じスポーツの応援であっても、やはり地域によってさまざまな違いがあります。

そこで、ここではさまざまな地域のスポーツの応援から県民性をチェックしてみたいと思います。

日本一熱い応援団といえば?関西の阪神タイガース!

プロ野球の世界で、もっとも熱狂的なファンのついているチームと言えば、どこを思い浮かべるでしょう。おそらく、多くの方が阪神タイガースをイメージするのではないでしょうか?
とにかく関西エリアのファンはとにかく「熱い」というイメージがあります。

そこから、どんな県民性が見えてくるのでしょうか?
まず、最初に挙げられるのが地域愛の強さでしょう。そのスポーツは好きではなくても、地域のチームであれば応援する…という方が関西エリアでは強い傾向にあります。
そのため、阪神タイガースだけでなく、サッカーのガンバ大阪やセレッソ大阪なども多くの熱狂的なファンを持つことで知られています。

関西エリア全体ですので、厳密には「県民性」ではないかもしれませんが、これもその地域ならではの特徴と言えるでしょう。

監督気分で戦略を立てながら楽しめる東京の野球ファン

阪神タイガースと並んで、プロ野球界を牽引する人気球団と言えば、東京ドームを本拠地に置く読売ジャイアンツでしょう。
関西エリアが地域的に一体感を持って応援するのに対して、東京エリアの応援スタイルは、もっと冷静に戦略を分析しながら…といったスタイルで観戦している方が多い傾向にあります。

もちろん、全ての人がそうだと言うわけではありませんが、より応援するというよりもスポーツとして楽しんでいる方が多いと言われているのです。
これは東京だけでなく、近郊の埼玉や茨城などのエリアのプロ野球やJリーグの試合でも同様の傾向があるようです。

これもこの地域ならではの特徴と言えるでしょう。

やっぱり九州のファンも熱い?

またプロ野球チームの中でも熱狂的なファンが多いことで知られているのが、福岡に本拠地を置くソフトバンクホークスです。
では、九州のファンの応援スタイルとはどういったものなのでしょうか?

基本的には阪神タイガースのファンと同じで地域的な視点から応援している…という方も多い傾向にあるようです。
そこにプラスして、九州の場合はお祭り的要素を重要視する傾向にあるようです。勝っても負けても、お祭り騒ぎをする…勝敗よりもむしろ、プロスポーツの試合というお祭りを楽しもう、という方が多いのかもしれません。

これはサッカーでも同様で、福岡に拠点を置くアビスパ福岡や、北九州市に本拠地を置くギラヴァンツ北九州などの試合でも同じような光景が見られます。
これも、お祭りが好きな九州人ならではの県民性と言えるでしょう。

このように、スポーツの応援をみても、その地域ならではの特徴が見えてくるものです。あなたのひいきにしているチームの応援の様子をチェックしながら、県民性について考えてみると、少し違った楽しみ方が見つかるかもしれません。