性質と恋愛~徳島県

「讃岐男に阿波女」という言葉が昔からあります。讃岐、つまり香川県の男性は遊び好きであり、逆に阿波(徳島県)の女性は働き者という意味です。したがってこの両者が結婚すれば、遊びも仕事も上手く行くという意味で生まれた慣用句でしょう。

そんな徳島に住む人たちは、実際はどのような性格をしているのでしょうか?そしてどんなセックスをしているのでしょうか?

もともと遊び人だった

昔、徳島県では染料の「藍」の栽培が盛んに行われていました。しかも近辺に栽培に適した土地がなかったため、まさに独占産業として徳島県の経済は潤っていました。独占ビジネスですから、値段を高く設定してもどんどん売れます。そのようなバブリーなお金がたくさん入ってきたため、徳島県民は遊び人気質になったと言われています。コツコツ汗水流して働くのがバカらしかったのでしょう。

しかし江戸時代、新しくお殿様になった人が「勤勉こそ大事」という考えを持っていたため、それまでの遊びの多くが禁止された歴史があります。そしてお殿様の影響を受けて、徳島県民はよく働く人になりました。

ところが、それまでずっと遊び人で通してきたDNAは変わらず、現在の徳島県民は「仕事も遊びも一生懸命」という県民性を持っています。

どんなセックスをしている?

上記の通り仕事も遊びの一生懸命であるため、「一緒に楽しみたい」という気持ちを常に忘れないのが徳島県民です。したがって奥手な女性というよりも、場合によっては女性の方から積極的に誘ってくるかもしれません。

そして男性を立てる性格を持った女性が多く、セックスでも男性に尽くすタイプが多いと言えます。しかし「一緒に楽しみたい」という気持ちがあることから、男性だけが満足して終わるのを嫌う傾向にあります。ちゃんと女性も満足させるようにしてください。

しかし、ペニスのサイズに自信がない方が心配する必要はありません。徳島県の女性は男性のプライドを傷つけない性格の方が多く、「これを言ったら傷つけちゃうかな?」という配慮が出来る人たちであるためです。

ただし上記の通り、それでも女性も満足させる必要があります。男性側も、ちゃんとテクニックを身に付けてからホテルに誘った方が良いかもしれません。

徳島県民の県民性と、セックスの傾向を紹介しました。徳島県の女性は男性を立てる意識が強いため、九州出身の男性とウマが合うとも言われています。そして何度も言うようですが、「一緒に楽しみたい」が徳島県民の考えである以上、あなた自身もその考えを持つべきだと思います。

「自分だけ満足できれば良い」と考えるのではなく、一緒に気持ち良くなる工夫と雰囲気づくりが大切かもしれません。

Copyright(c) 2013-2017 県民性で知る性格と愛とセックス All Rights Reserved.