男の情けでセックスをする女性が多い県は?

女性のホテルに誘う時、どのような方法で女性の心を解きほぐすでしょうか?もちろん無理やりベッドインではダメです。犯罪になってしまいます。しかし、女性の中には母性本能が非常に強く、「もう!仕方ないなぁ~♪」という感じでベッドインを許してくれる場合もあります。つまり土下座して「頼む!」と言えば、その姿を可愛く感じてベッドインを許してしまうということです。
では、母性本能が強い女性が多い県はどこでしょうか?そして、「男の情け」を見せてベッドインを許してくれる女性は本当に多いのでしょうか?

実際に行われたアンケートをもとに、さっそく結果を紹介していきます!

男の情けでベッドインを許す:第2位 栃木県

以外にも栃木県がランクインです。栃木県出身の女性のうち、「男に土下座されたらベッドインを許すか?」とアンケートをしたところ、じつに16%の女性が「YES」と答えました。全国平均が4%なので、16%がいかに大きな数字であるかが分かります。

海がないのに回転ずしのお店が異常に多い栃木県。クワガタのことを「おに虫」と呼び、メスを「ババスコ」と呼んでしまう栃木県民。質問する時に語尾が無駄に上がる栃木県民。群馬県より栄えていると思っているが、じつは目くそ鼻くそレベルに気付いていない栃木県民。「体がダルイ」を「体がこわい」と言ってしまうが、他府県では通じないことに気付いていない栃木県民。

そんな愛すべき栃木県に住む女性は、やはり母性本能が強いことでも有名です。したがって「頼む!1回だけ!」と土下座すれば、ひょっとしてベッドインを許してくれるかもしれません。ただしあくまでも16%なので、嫌われる確率が84%であることをお忘れなく。

男の情けでベッドインを許す:第1位 佐賀県

そして堂々の1位は佐賀県です。なんと22%もの女性が、「男の情けを可愛く感じてベッドインを許す」と回答しています。
さて、佐賀県と言えばコメディアンの「はなわ」が有名ですが、それを言われると佐賀県民は「またそれか…」と飽き飽きしておられるようです。そこで佐賀県の「あるある」をいくつか紹介していきましょう。

学術的にかなり不利なのに、いまだに邪馬台国は佐賀にあったと信じている佐賀県民。佐賀駅前のバルーンとムツゴロウが寄り添うオブジェに一種の気持ち悪さを感じてしまう佐賀県民。江頭2:50を応援する人が多い佐賀県民。「20分100円」という、他府県民にとって通常値段のコインパーキングの料金を高く感じてしまう佐賀県民。
などなど、愛されるべき佐賀県ですが、22%の女性は「男の情け」に弱いようです。

いかがでしょうか?もちろん「男の情けに弱い」を悪用してはイケません。栃木県の16%も佐賀県の22%も、裏を返せば「栃木県では84%の女性が、佐賀県では78%の女性が情けで体を許すことはない」と言えるためです。むしろ嫌われる可能性の方が圧倒的に高いため、実際に土下座するのは止めておきましょう。ただし、全国平均が約4%であることを考えると、やはりここで紹介した2県は「母性本能が強い女性が多く暮らす街」と言えそうです。

Copyright(c) 2013-2017 県民性で知る性格と愛とセックス All Rights Reserved.