セックスに時間をかけるのは○○県!

日本は国土が狭い国ですが、47都道府県それぞれに県民性があります。日本は国土のほとんどが山林であり、かつては隣の県に行くことも大変でした。お互いに交流が少なかったため、土地独特の風習や性格が生まれ、それが現在の「県民性」として残っているわけです。

そんな県民性は、セックスにも大きな影響を与えます。そこで、セックスと県民性に関する色々なランキングを紹介していきましょう。

今回取り上げるのは、「セックスにかける時間の長さ」です。セックスに最も時間をかけているのは、旅行先として人気の○○県でした!

セックスにかける時間が長い県:第3位 香川県

意外なところからエントリー。「うどん県」だけでなく「セックス県」でもあることが判明しました。1回のセックスにかける時間は平均で48分。

専門家によれば、香川県には「知的な女性が多い」のだそうです。知性の高さと性欲は比例すると言われており、「香川県の女性=エロい」ということなのでしょうか?怒られそうなのでこれ以上は茶化しませんが、田舎だから「他にやることがない」も理由の1つと言えそうです。

セックスにかける時間が長い県:第2位 岡山県

1回のセックスにかける平均時間は49分。第3位の香川県が48分なので、僅差で2位をキープ。桃太郎で有名な岡山県ですが、もしかするとあのお話は、子供が出来るには高齢すぎる夫婦が照れ隠しのために作ったフィクションなのかも?

専門家によると、岡山県も香川県と同様、知的な女性が多い土地だそうです。したがって「岡山県と香川県の女性=エロい」と言えると思います。また怒られそうなのでこれ以上は茶化しませんが、お爺さんとお婆さんでも子作りをするほど、岡山県民はセックスを大切にする土地だと言えそうです。

セックスにかける時間が長い県:第1位 沖縄県

案の定、沖縄県が1位を獲得です。1回のセックスにかける平均時間は57分。2位の岡山に約10分もの差をつけて、堂々と日本一の称号を手に入れました!

専門家によると、「沖縄県民は時間の概念が薄く、おおらかなので時間をかけてセックスをするのでしょう」ということだそうです。

しかし、沖縄はこれ以外にも日本一の称号をたくさん持っています。

離婚率の高さ
結婚年齢の低さ
世帯収入(ワースト1)

などなど、あまり有難くない称号が多いのですが、「なんくるないさ~(意味:どうにかなるさ)」の言葉通りあまり気にしていないでしょう。

とにもかくにも、沖縄県民はゆっくり時間をかけて夜の生活を楽しんでいるようです。

いかがでしょうか?ちなみに、全国平均は32分です。つまり沖縄県民は、全国平均夜約2倍の時間をかけてセックスしていることになります。

また2位の岡山県、3位の香川県にしても、「酒を飲むか子供を作るか、それ以外にやることがない」と言えるかもしれません。ちょっと怒られてしまいそうですが、ササッと済ませるよりも丁寧に時間をかけてセックスすること自体は良いことと言えるでしょう。

Copyright(c) 2013-2017 県民性で知る性格と愛とセックス All Rights Reserved.