○○県民の女性が好む、男性のタイプ~関西編~

関西といっても、大阪と京都。さらに兵庫に奈良と県によって県民性は大きく違います。同じエリアに属していながら、これほど県民性が違うエリアも珍しいのではないでしょうか。もちろん県民性が違えば、女性たちの気質も好みの男性のタイプも違ってきます。

関西地方の女性の男性のタイプは?

・大阪府
大阪の女性は派手好きで、ブランド志向。さらに社交的で明るく、あけっぴろげな女性が多いです。ただそれでいて商売人の血筋からお金にシビアなところもあり、男性に対して経済力を強く求める傾向にあります。ただその傾向は結婚という将来を見据えた相手に対してのみ。恋愛だけならばノリやフィーリングが合えば気さくに付き合う女性が多く、恋愛には奔放です。女性のテンションの高さやマシンガントークにうまく調子をあわせられる男性なら、恋愛に発展させることはそこまで難しくなさそう。

・京都府
京都の女性は雰囲気はおっとりとしていて、天然っぽい振る舞いをする人が多いです。言葉遣いもていねいで気配りもできる、いかにも大和撫子な女性ばかり。ただその一方で計算高く、腹黒な一面も持っています。さらにはっきりと自分の意見をいわない割に、察することを要求する部分も。そのため好きな男性のタイプとしては察しがよく、品のいい紳士的な男性。そして京都に対して敬意を払い、理解してくれる男性を好きになるようです。京都の県民性自体が含みのある物言いをする傾向にあるため、それを察することができるコミュニケーション能力の高さがカギとなるかもしれません。

・奈良県
奈良の女性は全体的におっとりとしていて、男性に尽くすタイプが多いです。さらに我慢強く、経済観念もしっかりとしたまさに良妻賢母タイプ。ただマイペースでおっとりな割には芯が強いので、せかされたりして自分のペースを崩されることを嫌います。そのため好きな男性は、マイペースな女性にうまく合わせてくれるような包容力を持った大人なタイプ。一歩先を行き、女性が追い付くのを気長に待ってくれるようなのんびりとしたタイプの男性が好みです。そののんびりさにイライラしてしまうような男性は、恋愛に発展したとしても長続きしないでしょう。

・兵庫県
兵庫県は古くから外国の文化を取り入れ、ハイセンスな地域として知られていますね。そのため地域差はあるものの女性たちは総じてプライドが高く、ハイセンスでいることをステータスとします。神戸に近付くほどその傾向は強く、離れれば気さくな女性が多くなっていきます。そのため男性のタイプも様々で、神戸など東部の女性たちはとにかく都会的でスマートな男性が好み。逆に西部、南部は地に足を付けて生きているような堅実で生活力のある男性を求めます。

また東部の女性はとにかくプライドが高く、何から何にまでこだわります。なので男性にも一切の妥協を許さず、少しでも気に入らないところがあるとあっさり切り捨ててしまうことも珍しくありません。自分の理想をとことん追求するタイプなので、お眼鏡にかなわなかったのなら望みは薄いでしょう。さらに田舎出身の男性を見下す傾向もあるため、出身地だけで恋愛対象外になってしまうこともあるようです。一方で西部の女性は真逆で、気さくで細かいことにはこだわらないおおらかさがあります。同じ県でも地域でここまで気質が違うのは、かなり珍しいでしょう。方言も兵庫県内だけで3つも存在しているため、地域が違うならば全く違う人種だと考えた方が無難かもしれません。

今回は関西のメインエリアの女性の傾向や、好みの男性を紹介しました。同じ関西に存在しながらも、ここまで気質や好みが違うのはとても興味深いですね。またこの4つの府県の人々は、お互いに比べられることが苦手です。話のきっかけに関西の話を持ち出すならば、他の府県ではなくその女性の出身地のみにしておきましょう。ほかの県と比べたりすると、一気に印象がマイナスになってしまうことも考えられます。

Copyright(c) 2013-2017 県民性で知る性格と愛とセックス All Rights Reserved.