北海道・東北人の性質と恋愛 ~北海道、青森、岩手、宮城

しばしば「北海道・東北」とひとくくりにされる地域ですが、性格面はかなり違いがあります。東北の中でも、太平洋側の県と日本海側とでは違いもあります。

北海道の人たち ~広い心と新しもの好き、女性は性にも積極的

「北海道、でっかいどぅ」というCMが昔ありましたが、北海道の人は大らかです。北海道人を「道産子」(どさんこ)と呼びますが、よそ者にたいしても「3日住めばどさんこ」と広い心で受け入れます。男女平等意識が高く、結婚式といえば「会費制」。クラーク博士の残した「少年よ、大志を抱け」の言葉を崇拝し、フロンティアスピリットが旺盛です。

新しもの好きで、コンビニが初めてできたころには、連日大繁盛したそうで、現在でも全国第2位の店舗数です。「男女平等」意識の反面、男性は女性に対して積極性に欠けるため、逆に女性が性に対しておおらかで積極的です。会ったその日にベッドインという女性が一番多い県民性です。

青森県人 ~強情でがまん強いが酒グセの悪い男性と、ロマンチストな女性

我慢強くて苦労をいとわないのが青森県人。「じょっぱり」と呼ばれる「強情」な性質も特徴です。がまん強い反面、男性には酒グセが悪い人が多く酔っぱらうと「ごんぼほる」になり日ごろのうっぷんを晴らします。「ごんぼほる」は「ゴボウを掘る」ことで、手がかかることから「ダダをこねる」の意味でつかわれます。まじめすぎる性格のため、ときには間抜けたことも気づかずにやってしまうかわいらしいとこともあります。

青森県は日本一の不思議県。恐山がありイタコがいて、霊的なものに敏感な県民性があります。女性にはロマンチストが多く、「運命的な出会い」を求める傾向が強いのでセックスには慎重です。

岩手県人 ~雨にも負けない強さと、処女結婚

郷土の先輩、宮沢賢治を敬愛する人が多く「賢治」的な考え方の県民性です。「雨ニモマケズ」と辛抱強く、堅実に努力します。信じたことは曲げないという保守的な傾向があり、時としてやっかいです。源義経が岩手から北へ逃げてジンギスカンになったという伝説を、多くの人が本気で信じています。どの家庭でも「座敷童」が実在すると信じられています。ロマンチストであると言えるかも知れません。

会話下手な男性が多く、話をしないデートが好まれるため、全国でもトップクラスに映画館がたくさんあります。異性に対してはとてもまじめで、恋愛は結婚を前提としています。女性が初デートでエッチをする可能性は極めて低いですが、沿岸部の女性はセックスにも開放的です。

宮城県人 ~ハデ好みで目立ちたがり。ケンカが好きで「一番」が好き

郷土の英雄「伊達政宗」を尊敬しダンディズムにあこがれます。東北人には珍しく派手で目立ちたがり屋。ケンカも多く犯罪率が高いのが特徴です。かつては暴走族の数も暴れ方もダントツ日本一でしたが、現在は条例で規制されて、多少平和になりました。好奇心旺盛でアイデアマンが多く、冷やし中華や牛タン焼は宮城県の発明です。

プライドが高く何でも宮城が一番だと信じ、ササニシキとひとめぼれこそが日本一の「米」であると強く確信しています。観光スポット「松島」の景色は日本一、マグロの水揚げは日本一、笹かまぼこも日本一、と自県の日本一を数えることが大好きです。ただ、「日和山」という標高56mの「日本一低い山」については、「屈辱的」と考えられています。女性は保守的で真面目な恋愛を好みます。

Copyright(c) 2013-2017 県民性で知る性格と愛とセックス All Rights Reserved.