関東人の性質と恋愛 ~埼玉、千葉、東京、神奈川

一都三県は地方出身者や転勤族が多く住み、東京出身者が周辺の各県へ移動したりもしているため、県民性はうすくなっています。それでも、いくらか残る特徴があります。

埼玉県人 ~お人好しな男性と、早熟な女性

埼玉県人の特性は楽天的で親切、お人好しなことです。強いものよりも弱いものを応援したくなる性質もあります。もともとサッカーの強い県ですが、「浦和レッズ」に対する愛着はとても強いものがあります。レッズが勝っているときはもちろん、負け続けても、J2に降格しても応援します。大宮、浦和、与野の合併話が持ち上がったときにも、住民が気にしたのは、「浦和レッズ」という名前が残るかどうかでした。

公立高校の多くが男女別学で、進学校として有名な浦和高校、川越高校などは男子校、浦和一女や川越女子は女子高です。そのため、女子高生ははやくから男子を「男」と意識するため、恋愛に関して早熟です。

千葉県人 ~都民意識の強い男性と、ナンパに弱い女性

本来の千葉県人は明るく社交的でサービス精神旺盛です。ただ、県民の多くが都内で働いていたり学校に通っていたりしていて、県民意識はとても低く、東京寄りの千葉県民の多くは密かに自分を「都民」と考えています。「東京の顔」ともいえる、「東京ディズニーランド」や「新東京国際空港」(成田空港)が千葉県にあることも、千葉県民の「都民意識」を増長させているようです。そのため県政に無関心な人が多く、投票率はいつも低迷しています。

ただ、都民に比べてルールの順守意識はうすく、サッカーの試合でサポーターが暴れたり、自動車のシートベルト着用率が低かったりして、問題となることもありました。女性の気質は明るくおおらかですが、同県人よりも「都民」との交際を望む傾向にあります。恋愛には積極的で、ナンパに弱い女性が多いようです。

東京人 ~没個性的で飽きっぽい、女性は選り好みで晩婚

生粋の東京時の気質は、「粋」で短気で早口、せっかち、宵越しの金はもたないという気風の良さ。しかし、都民と言っても、親子三代つづけての「江戸っ子」は15%程度しかいません。他府県からの流入者が大半のため「県民性」はとても薄く、「没個性的」と言えます。流行り廃りの回転がはやく、移り気で飽きっぽいのが「東京気質」といえるかも知れません。

女性も選り好みがはげしく、なかなか結婚できません。「もっと良い男が」と考えるため決断できず、性的経験人数ばかり多くなって晩婚化しています。男性・女性とも初婚年齢が上がっており、男性の中には結婚当初からEDに悩まされる人も出始めていることでしょう。また、飽きっぽい性格から、自分のパートナーとのセックスに慣れきってしまうのも早く、「妻とだけED」になるケースも多いようです。幸い首都圏にはED専門クリニックも数多くありますから、バイアグラなどED治療薬を手に入れやすい環境です。ますますバイアグラユーザーは増えることでしょう。

神奈川県人 ~東京にも引け目なし!

東京近郊の中で唯一、「東京コンプレックス」を持たない県民です。横浜市民は「浜っ子」と自ら称し、相模湾沿岸の住民は「湘南」が日本一おしゃれな海だと自負し「湘南ナンバー」を大切にしています。かつては鎌倉幕府があった古都であり、江戸時代末期から「外人」が多く暮らしていたこともあり、文化的には東京よりも進んでいるという意識も高いようです。東京に対してライバル心を持つ気高い県民性です。

性的に開放的な「恋多き」女性が多く、恋愛には積極的です。そのため、東京都についで晩婚です。

Copyright(c) 2013-2017 県民性で知る性格と愛とセックス All Rights Reserved.