ご当地B級グルメに見る地域性・県民性

安価で気軽に食べることのできるB級グルメを日常的に食べている、という方は多いのではないでしょうか?
全国各地に、その土地ならではの特色を持ったB級グルメが存在しています。かつて、これらのグルメはその土地で生活を送っている人のためのものでした。

しかし、近年では少し変化が見られるようになってきました。全国各地の人気B級グルメを紹介する番組や、イベントなどによって、自分が暮らしている地域以外のものに興味を持つ方が多くなってきたのです。

各地のご当地グルメをチェックしてみると、その土地ならではの意外な地域性や県民性が見えてくるものです。 特に、B級グルメからは、本当によくその土地の色が見えてくるものです。

ここでは、そんなB級グルメに見る地域性や県民性についてお話してみたいと思います。

どうしてB級グルメには色濃く県民性が出る?

昔から知られているご当地グルメよりも、B級グルメの方がより強く県民性が出るのはどうしてなのでしょう?

いわゆるご当地グルメの場合、その土地の特産品などを利用して観光客へのアピールのために作られているものも少なくありません。 その土地のご当地グルメとして良く知られているメニューであっても、実際にそこで暮らしている人が日常的に食べるものではない、というケースも少なくないのです。

特に、高級な食材を使用したものを日常的に食べることはできません。下関で生活しているから、毎日のようにふぐを食べることができるわけではありませんし、名古屋で暮らしている人が、鶏料理をするときにいつも名古屋コーチンを使っているわけではないのです。

むしろ、地元の人ではなく観光客によってそのほとんどが消費されている、というケースも少なくないほどです。

それに対して、安価で気軽に食べることのできるB級グルメは、まさにその土地に根付いている料理であると言えるでしょう。 昼食に、そして晩酌のお供に…毎日の生活の中に溶け込んでいるのがB級グルメなのです。

つまり、その土地で本当に食べられているもの、愛されているものを知りたいのであれば、B級グルメをチェックしてみるべきなのです。 そして、そんなB級グルメからは、その土地ならではの県民性がとても色濃く見えてきます。

B級グルメから見えてくる県民性

その土地ならではのB級グルメから見えてくるのは、どのような食べ物を好むのか、また、食についてどのような意識を持っているのか、だけではなく、さまざまな県民性が見えてくるものです。

郷土愛の強い地域では、その土地ならではの食材の味を強烈にアピールするものがとても強い傾向にあります。
また、柔軟にさまざまな地域の文化などを取り入れることの多い地域では、他の地方のみでなく、海外の料理をアレンジしたものまである、といったケースも少なくありません。

このように、ご当地グルメを少しチェックしてみるだけで、その地域で生活している人の性格や考え方などの一部が見えてくるのです。

ただ味わうだけでもご当地グルメは、とても魅力的なものですが、その向こう側に見えるものまでチェックしてみると、また違った楽しみ方をすることができるでしょう。
あなたも、それぞれの地域のご当地グルメを味わう際には、少しそんなことを考えてみてはいかがでしょうか?

Copyright(c) 2013-2017 県民性で知る性格と愛とセックス All Rights Reserved.