県民性は時代と共に薄くなった?

私たちの生活は、時代と共に変化し続けています。現在では当たり前のことであっても、ほんの10年前までは、予想すらすることができなかったことも少なくないでしょう。
そのくらい私たちの生活は大きく変化しています。

こうして時代が変わっても、それぞれの地域に根付いた県民性というものは変わらない…そう考えている方も多いのではないでしょうか?
しかし、県民性についても時代に応じて変化しているのです。

テレビなどでもそれぞれの地域ならでの独特の文化や、そこで暮らす人の県民性などを特集した番組が放送されています。
そのため、県民性というものは現在でもしっかりと残っている…そう考えている方も多いかと思います。

現在においても、県民性というものが存在していることは確かですが、昔に比べると徐々に薄くなってきていることをご存じでしょうか?

では、どうしてこの県民性というものが、薄くなってきているのでしょうか?ここではその理由について考えてみたいと思います。

好きな時に好きな場所へ行くことができる時代

かつて、遠く離れた場所へ行くことが、とても難しかった時代がありました。移動手段がほとんどなく、隣の地域へ行くだけでも山や川、海を越えて長い時間かけ、大きなリスクを背負う必要があった時代だってありました。

しかし、現代ではどうでしょう?飛行機、新幹線、フェリー、自家用車…さまざまな移動手段の選択肢があります。
飛行機を利用すれば、沖縄から北海道までほんの数時間で、とても安全に移動することができるようになっています。

つまり、好きな時に好きな場所へ簡単に行くことができる時代になったのです。

また、物流の技術やシステムも発達したことによって、人だけでなく、モノの流れも非常に活発になっています。

かつて、海から遠く離れた地域では、新鮮な海産物を手に入れることはできませんでした。しかし、今ではまったくそんなことはありません。
場所に関係なく、欲しいものは何でも簡単に手に入れることができるようになっているのです。

かつて、簡単に移動することができないことや、場所によって手に入るものが違っていることがその土地の「環境」の一つとして、県民性の形成に大きくかかわっていました。しかし、それがなくなった今、県民性が薄れてしまうのも当然のことと言えるでしょう。

情報技術の発達が県民性を薄いものにする?

また、近年急速に発達したものの一つとして、情報技術も挙げることができるのではないでしょうか?

かつて、情報を入手するための技術と言えば、テレビやラジオ、新聞くらいのものでした。さらに時代をさかのぼると、人伝いにしか情報を入手することができなかった頃だってありました。

しかし、今日ではスマートフォンなどを使用していつでもどこでもネットに接続し、世界中の最新の情報をリアルタイムで知ることができます。

つまり、どこで暮らしていても同じ情報を簡単に手に入れることができるようになったのです。
そうなれば、その土地ならではの文化、そして県民性が薄れてしまうのは当然のことでしょう。

県民性が薄れてしまうのは、決して悪いことではありません。少し寂しいと感じてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、これも時代の流れ…そう考えると仕方のないことなのです。

Copyright(c) 2013-2017 県民性で知る性格と愛とセックス All Rights Reserved.