育った環境で人は変わる

当サイトでは、男女の県民性の違いについてお話してきましたが、そもそもどうして県民性というものが生まれてしまうのでしょうか?同じ日本人であるはずなのに、どうして生まれた場所や、暮らしている場所などによって、好みや性格等が違ってくるのか…これを疑問に思ったことはありませんか?

県民性というのは、あくまで傾向ですので、全員にそれが当てはまるわけではありません。しかし、その地域で暮らしている人の過半数以上が同じ傾向を持っている、と言うのであれば、それははっきりと県民性である、と言えるのではないでしょうか?

そんな県民性がどうして生まれてしまうのかについて考えてみたいと思います。まず、最初のポイントとなるのが環境です。

気候によって好みや性格が影響される?

日本は小さな島国ですが、地域によってまったく気候が異なっているという特徴があります。北海道と沖縄ではそれぞれの季節の長さもまったく異なっていますので、それが人の好みや性格などに影響を与えることがあるのです。

寒い地域で暮らしていると、自然と人の肌のぬくもりを求めるようになるかもしれません。その結果として、ゆったりとしたセックスを好むようになるのではないでしょうか?

逆に暑い地域で生活を送っていると、肌の露出が多くなり、性的な刺激を受ける機会が多くなります。その結果として、少し過激なセックスを好む、という方が多くなるのかもしれません。

これはあくまで一例であり、こういった傾向がある、という具体的なデータがあるわけではありません。
しかし、このように好みや性格が決まって行くことも十分に考えることができるのではないでしょうか?
つまり、気候によって、県民性が生まれる可能性は十分にあるでしょう。

田舎か都会かで県民性は決まる?

環境について考える際に、外すことができないのが田舎であるか都会であるか、という点です。
私たち現代人にとっては、気候以上に重要なポイントと言えるかもしれません。

多くの人が集まっている都市部で生活を送っていると、それだけ出会いのチャンスだって多くなります。 その一方であまりにもチャンスがありすぎると、その一つ一つに対する意識が薄くなってしまうかもしれません。

それに対して、人の少ない田舎では、出会いのチャンスも限られたものとなってしまいます。
しかし、出会いの機会が少ないことを、最初から意識していれば、それぞれの出会いを大切するようになるかもしれません。
事実、田舎は都市部と比べると、同じ地域で暮らしている人同士の結びつきが非常に強いと言われています。

このように、田舎で暮らしているか都会で暮らしているかによっても、好みや性格に影響を受けてしまうことは十分に考えられると言えるでしょう。

同じ日本人として、同じシステムの中で生活しているにもかかわらず、地域によって好みや性格にある程度の傾向が出てしまう理由の一つは、環境にあると言えます。
あなた自身の好みや性格と、生まれ育った環境の関係性を考えてみてください。環境が人間性形成に大きく関係していることに、気付くことができるのではないでしょうか。

ただ、ここでご紹介した傾向は話を分かりやすくするための一例です。それぞれの環境で暮らしている方を中傷する意図はありません。

Copyright(c) 2013-2017 県民性で知る性格と愛とセックス All Rights Reserved.